介護の資格 引っ越し用

訪問看護とは?訪問看護師として働くメリット・デメリットやおすすめの資格について紹介!

訪問看護とはどのような業務内容なのか具体的に知りたいと悩んでいませんか?

そこで、今回は訪問看護として働くメリット・デメリットや訪問看護に役立つ資格、おすすめの資格取得サイトなどについて徹底的に紹介してきます。

結論、訪問看護とは利用者の自宅に訪問して、病気や障害に対して適切な看護を行うことを指します。

これから訪問看護として働きたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

訪問看護におすすめの介護資格取得サイト

  1. カイゴジョブアカデミー|資格取得から就職まで充実したサポート
  2. ベネッセスタイルケア|カリキュラムが充実

訪問看護とは

訪問看護とは

訪問看護とは、症状や障害を持っている子供から高齢者に対して、自宅に訪問して看護サービスを行います。

事業所によって業務内容は多少異なりますが、主な業務内容については、下記が4つが挙げられます

  • 健康観察
  • リハビリ
  • 医療ケア
  • 精神サポート

それぞれの業務内容について特徴などを踏まえて紹介してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

健康観察

健康観察とは、利用者の健康状態や症状が問題ないことの確認を行います。

基本的に訪問看護サービスを受けることができるのは、医師の診断によって自宅による療養が必要と判断されているため、ケガや病気を抱えています。

そのため、自宅訪問をした際には、体調変化はもちろんですが、脈拍や血圧などの健康管理の実施を行います。

また、健康観察は今後の治療方針を決める重要な要素の一つなので、的確に漏れがないように利用者の健康状態をチェックすることが必要です。

リハビリ

リハビリが必要な利用者に対しては、簡易的なリハビリを行うことも訪問看護の業務内容の一つです。

訪問看護が行うリハビリ内容については、主に下記が挙げられます。

  • 指先を動かす
  • 食事をする
  • ベッドから起き上がる
  • 寝返りを討つ
  • 着替える

上記のように訪問看護が行うリハビリは、利用者が自立した日常生活を送れるように行うことが目的です。

しかし、言語障害や音声障害、嘔下障害のある利用者に対しては、専門的な資格やスキルを持っている専門職が行います。

医療ケア

医療ケア

訪問看護は、医師の指示に基づいて医療ケアを行うことも業務内容に含まれます。

具体的な医療ケアについては、カテーテルの交換や点滴、インシュリン注射などを行います。

また、専門的な知識が必要な医療ケアは、介護福祉士や喀痰吸引等研修などが必要になりますが、資格を取得することによって業務の幅を広げることができるメリットがあります。

精神的サポート

訪問看護は、利用者の悩みや不安に思っていることに対して、丁寧に話を聞いて精神的サポートを行うことも重要な業務の一つです。

実際に、介護をしているご家族の方で毎日介護を行い精神的に疲れてしまっていることは少なくありません。

ご家族の介護に対する気持ちが楽になるように、丁寧に話を聞いて共感を示すことによって、精神的に安心感を与えることが可能です。

訪問看護で働くメリット

訪問看護で働くメリット

訪問看護で働くメリットについてあらかじめ理解しておくことで、自分自身に合っている職業かどうか事前に確認をすることができます。

これから訪問看護として働きたいと思っている方は、訪問看護で働くメリットを理解することで、訪問看護として働くことが自分自身に向いているかどうか把握することができます。

具体的に訪問看護で働くメリットについては、下記3つが挙げられます。

  • 給与水準が高い
  • 残業が少ない
  • スキルが身につく

それぞれのメリットについて紹介してきますので、これから訪問看護を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

給与水準が高い

訪問看護は、夜勤手当が無いにも関わらずに給与水準が高い特徴があります。

具体的に訪問看護の平均給与については、下記表の通りです。

年収 430万円
基本給 23万5000円
月収 30万円
ボーナス 63万円

上記表に記載されている平均給与は、平均年齢が30代後半の方で、年齢層が高くなることによって、平均給与も上がっていく傾向です。

実際に看護師に比べると夜勤手当がなくなるため、平均給与が下がってしまうデメリットがありますが、日勤のみの勤務なので、生活サイクルが安定して働くことができます。

残業が少ない

訪問看護ステーションによって多少異なりますが、基本的に訪問看護は利用者の自宅で業務を行うため、残業が少ないメリットが挙げられます。

また、土日祝日は休日としているため、プライベートと仕事を分けることができるため、日常生活にメリハリをつけることができるメリットもあります。

残業が少ないことによって、定時内に仕事を効率的に終わらそうとする意識が生まれるため、結果的に生産性がアップすることが可能です。

スキルが身につく

訪問看護は、基礎的な利用知識はもちろんですが、基本的に一人で利用者の自宅に訪問して業務を行うため、幅広いスキルを身につけることが可能です。

具体的に訪問看護で身につけることができるスキルについては、下記が挙げられます。

  • 協調性
  • 観察力
  • コミュニケーション能力
  • 考察力
  • 行動力
  • 判断力

上記以外にもさまざまなスキルを身につけることができるため、仮に他の職業に転職をする際にも、役立つことが可能です。

訪問看護で働くデメリット

訪問看護で働くデメリット

訪問看護で働くデメリットについてあらかじめ確認をしておくことで、訪問看護に就職前と就職後のギャップを少なくすることが可能です。

具体的に訪問看護で働くデメリットについては、主に下記2つが挙げられます。

  • オンコールがある可能性がある。
  • 一人で判断や行動が必要

上記のデメリットについて紹介してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

オンコールがある可能性がある

オンコールとは、夜間などの緊急時に対応する業務のことを指します。

基本的に訪問看護ステーションでは、利用者の健康状態が急に悪化することなどに備えて24時間体制を取っています。

訪問看護でオンコールの対応を行うためには、オンコール専用の携帯電話を持ち、電話かかかってきたら電話にて状況を確認することが必要です。

また、基本的に休日や夜間のオンコール対応は、自宅待機としている訪問看護ステーションがほとんどですが、ステーション内の当直室で待機することを規定しているところも少なくありません。

1人で判断や行動が必要

訪問看護は、利用者の自宅に一人で対応を行うため、自分自身で判断することや行動する能力が求められます。

しかし、すべての判断や責任を負わせることがないように、訪問看護ステーションでは管理者や他の看護師に電話相談をすることが可能です。

また、その場で他の看護師からのフォローが必要な場合には、チームで対応することもできます。

スマートフォンが支給されている訪問看護ステーションでは、写真の共有も可能なので、より的確に情報共有することができるメリットも挙げられます。

訪問看護師が取得しておくべき資格

訪問看護が取得しておくべき資格

「これから訪問看護を目指したいけど、訪問看護師が取得しておくべき資格について詳しく知りたい」と思っている方は少なくありません。

実際に、訪問看護師が取得しておくべき資格を理解しておくことで、就職や転職をする際に有利になることはもちろんですが、高収入を目指すことも可能です。

具体的に訪問看護師が取得しておくべき資格については、下記3つが挙げられます。

  • 看護師資格
  • 訪問看護認定看護師
  • 介護支援専門員

上記の資格について、特徴やメリットなどを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

看護師資格

看護師資格とは、看護師になるために必要な国家資格の一つで、看護師資格試験を受験するには大きく分けて下記3つのルートが挙げられます。

ルート1 高校卒業後、看護専門学校・看護大学・看護短期大学で3〜4年の専門課程を修了すること。
ルート2 准看護師資格取得後、看護専門学校で2年の専門課程を修了すること。
ルート3 中学校卒業後、看護師養成課程のある高校(5年間)で専門課程を修了すること。

上記のように看護資格を取得するためにはある程度の期間が必要になるため、将来のことを考えてスケジュール作成をして、行動をすることが必要になります。

また、3つのルートの中でもっとも一般的なのが、ルート1の高校卒業後に看護専門学校・看護大学・看護短期大学に通うことで、社会人から看護師に転職をしたいと思っている方でも看護師資格の取得が可能です。

看護師資格の難易度については、約90%と比較的他の国家資格に比べると取得しやすい特徴があります。

訪問看護認定看護師

訪問看護認定看護師とは、特定分野のスペシャリストとして活躍をすることができ、幅広い業務を行うことができる資格の特徴があります。

資格取得するための方法については、看護師として5年以上の経験以外にも、下記の項目を満たすことが必要です。

  • 看護師免許を有すること
  • 6ヶ月・615時間以上の認定看護師教育機関を修了
  • 認定審査(筆記試験)合格者
  • 認定看護師認定書交付・登録済
  • 看護師免許取得後、実務研修が5年以上
  • 5年ごとに更新を行うこと(看護実践・書類審査)

このように、訪問看護認定看護師の資格を取得するためには、ある程度の期間が必要になるためあらかじめ注意が必要です。

介護支援専門員

介護支援専門員とは、ケアマネージャーとも呼ばれており、介護保険法に基づいて、要支援者や要介護者などの健康状態や症状に応じた介護サービスを行うことが可能です。

介護業界の中でもケアマネージャーは資格取得するハードルは高い特徴がありますが、キャリアアップはもちろんですが、転職の幅を広げるなどのメリットが多く挙げられます。

また、介護支援専門員の資格を持っていることによって、現場で働く側から利用者と訪問看護を管理する立場を狙うこともできます。

訪問看護におすすめの介護資格取得サイト2選

訪問看護におすすめの介護資格取得サイト

訪問看護におすすめの介護資格取得サイトについて理解しておくことで、より効率的に資格を取得することが可能です。

看護師の資格を持っていない場合でも、訪問看護アシスタントとして働きながら現場経験を積みながら資格取得することもできます。

具体的に訪問看護におすすめの介護資格取得サイトについては、下記の通りです。

訪問看護におすすめの介護資格取得サイト

  1. カイゴジョブアカデミー|資格取得から就職まで充実したサポート
  2. ベネッセスタイルケア|カリキュラムが充実

それぞれの介護資格取得サイトについて特徴を踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

カイゴジョブアカデミー

カイゴジョブアカデミー

カイゴジョブアカデミーとは、東証一部上場企業の株式会社エス・エム・エスが運営をしている介護資格取得サイトです。

取得できる資格については、下記の通りです。

  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修
  • 介護福祉士
  • 全身性ガイドヘルパー
  • 動向援護従業者
  • 福祉用具専門相談員

また、対応地域は関東・東海・関西と幅広く、地方に住んでいる方でも利用することが可能なので、介護に関わる資格を取得したいと思っている方は、カイゴジョブアカデミーを利用してみてください。

参考サイト:カイゴジョブアカデミー公式https://kaigojob-academy.com/shikaku/shoninsha/

カイゴジョブアカデミーを利用してみる

ベネッセスタイルケア

ベネッセスタイルケア

ベネッセスタイルケアとは、介護職に関わる資格取得のカリキュラムが充実しており、就職やキャリアアップに強い特徴があります。

全国に300ヵ所以上の訪問介護事業所や介護施設を運営しているため、資格取得後に就職や転職、キャリアアップなどのサポートを受けることが可能です。

介護資格講座を20年以上運営しているため、ベネッセスタイルケア独自のノウハウに基づいているため、始めて介護職の資格を取得したいと思っている方におすすめの介護資格取得サイトです。

参考サイト:ベネッセスタイルケア公式https://shikaku.benesse-style-care.co.jp/intro_training/course

ベネッセスタイルケアを利用してみる

おすすめの介護資格取得サイトを活用して訪問看護として働こう!

おすすめの介護資格取得サイトを活用して訪問看護として働こう!

今回はこれから訪問看護として働きたいと思っている方に向けて、訪問看護として働くメリット・デメリットや訪問看護に役立つ資格、おすすめの資格取得サイトなどについて徹底的に紹介しました。

訪問看護として働くメリットについては、給与水準が高い・残業が少ない・スキルが身につくなどが挙げられます。

また、おすすめの介護資格取得サイトは、「カイゴジョブアカデミー」「ベネッセスタイルケア」を利用することによって効率よく資格を取得することが可能です。

ぜひ、今回紹介したことを参考にして、訪問看護として働いてみてはいかがでしょうか。

訪問看護におすすめの介護資格取得サイト

  1. カイゴジョブアカデミー|資格取得から就職まで充実したサポート
  2. ベネッセスタイルケア|カリキュラムが充実

-介護の資格, 引っ越し用
-,

© 2021 介護Workers