介護サービスの種類 引っ越し用

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは介護現場の責任者!ケアマネジャーになるには?

ケアマネジャーとは

ケアマネジャーは介護現場でマネジメントを行う重要な役割を持つ仕事です。

この記事では、ケアマネジャーの仕事内容やケアマネジャーのやりがいなどを解説していきます。

また、ケアマネジャーのなり方や関連する資格についても解説。

ケアマネジャーは介護業界にとってキャリアアップしやすく、やりがいのある仕事です。

ケアマネジャーについて詳しく見ていきましょう!

ケアマネジャーは介護現場の責任者!

ケアマネジャーとは

ケアマネジャーは介護サービスの現場で介護現場を取り仕切り、担当員などのマネジメントを行う仕事です。

現場のトップに立つ仕事であり、介護知識について精通しなければ務まらない仕事です。

ケアマネジャーになるには一定の実務経験を経て受験資格を満たした後に難関の試験を突破しなくてはなりません。

誰でもできるような仕事ではなく、責任感を持った人材であることが求められる仕事です。

ケアマネジャーとは?

ケアマネジャーとは介護保険法に基づいて、介護サービスを総合的にマネジメントする介護サービスのプロフェッショナルです。

ケアマネジャーになるには毎年1回全国で行われる「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格した後、介護支援専門員実務研修を修了して介護支援専門員証の交付を受けなければいけません。

介護支援専門員(ケアマネジャー)

ケアマネジャーになるには介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格が必要です。

介護支援専門員の資格は合格率15~20%と難関の資格となっており、ケアマネジャーになるにはこの試験を合格しなくてはなりません。

所定の実務経験を経ないと受験資格を得ることすらできず、試験内容も難関なものとなっていますから、ケアマネジャーになるには相当の努力をしないといけないでしょう。

実務経験が必要

ケアマネジャーになるには、一定の職種で5年以上かつ900日以上の勤務実績経験が必要と定められています。

これらの職種に5年以上900日以上の実績が必要なので、資格取得のハードルはかなり高いものであるといえるでしょう。

一定の職種とは以下のようなものです。

  • 国家資格
  • 生活相談員
  • 支援相談員
  • 相談支援専門員
  • 主任相談支援員

ケアマネジャーの仕事内容

ケアマネジャーとは

ケアマネジャーの仕事内容はケアプラン、すなわち介護サービスをどのように進めていくべきかという計画を作成するものです。

計画を立てるだけでなく、適切に実行されているのかをチェックし、改善することが必要です。

  • ケアプランの作成
  • 介護サービスの提案
  • ケアプランのチェック
  • 介護に関する手続き
  • 介護保険の申請代行

ケアプランの作成

ケアマネジャーは介護サービスのプランニングを作成。

適切なプランニングを行うことで介護が進められていきます。

介護担当者、医療担当者のほかサービス利用当事者やサービス利用者のご家族などと協議してケアプランの作成を行っていきます。

ケアプランの作成には介護に関する専門知識だけでなく、当事者間と適切に連絡をとるようなマネジメント能力が求められる仕事です。

また、必要な介護サービスが行われるように適切な人員配置や指導を行う必要があるため、介護に関するあらゆることに精通している必要があります。

介護サービスの提案

ケアマネジャーとは

ケアプランを作成したら、実際に介護サービスの提案を行います。

介護事業者として必要な料金を算出しなければなりません。

どのようにサービスを実行しているか、サービス利用者に責任義務を果たさなければならないのです。

ケアプランのチェック

ケアプランは作成したままではなく、適切にケアプランが実行されているかを注視しなければなりません。

人員配置は適切か、適切なサービスが行われているかをチェック。

必要に応じて事業所と連絡をとったり、実際に介護現場を訪問するなどして利用者が困っていないかなどを確認します。

場合によっては担当員に指導を行うなど、臨機応変な対応が必要になります。

介護に関する手続き

介護に必要な費用を請求するために介護事務に関する手続きもケアマネジャーの役割です。

利用者が事務手続きで分からないことがあれば、適宜サポートを行います。

介護保険の申請代行

介護サービスは介護保険によって行われるものです。

ケアマネジャーへの支払いは介護保険による支払いで行われるものですが、事務手続きに必要なことをサポートします。

ケアマネジャーの給料は?

ケアマネジャーとは

ケアマネジャーの給料は他の介護職と比べても2割ほど高い傾向があります。

資格を持っている人は幅広い業務をこなすことができるため、業界の中でも人材として希少価値が高くなるのです。

ケアマネジャーの給与(月額)

厚生労働省の調べによると、ケアマネジャーの平均給与は26万円ほどと、他の介護職よりも高い水準になっています。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/youran/indexyr_e.html

職種 男女計
介護支援専門員(ケアマネジャー) 265.1千円 283.7千円 258.0千円
ホームヘルパー 226.8千円 256.8千円 218.5千円
福祉施設介護員 229.7千円 243.5千円 221.7千円

ケアマネジャーの資格

ケアマネジャーとは

ケアマネジャーの資格をするには一定の資格が必要です。

ケアマネジャーを名乗るためには全国の都道府県で開かれている試験に合格し、所定の「介護支援専門員実務研修」を修了する必要があります。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャーの資格は「介護支援専門員実務研修受講試験」という正式名称です。

試験は全国各地で開催されており、地域ごとに詳細が異なります。

試験概要

試験は年に1度行われます。

受験資格には勤務地、あるいは住所の都道府県で判別し、各地の都道府県で受験することになります。

以下は東京都で行われている試験の概要です。

各個人で受験資格を満たしているか、受験地が合っているかを個別にしっかりと確認しましょう。

https://www.fukushizaidan.jp/101caremanager/shiken/

出題内容

ケアマネジャーとは

試験問題は地域ごとに異なります。

「介護支援分野」「保健医療サービスの知識」「福祉サービスの知識」というように出題区分が分かれています。

  • 介護支援分野
  • 保健医療サービスの知識
  • 福祉サービスの知識

以下ページから直近の試験問題を参照できるので、興味のある方はご参照ください。

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kourei/hoken/kaigo_lib/care/shikenjyouhou.html

合格率

ケアマネジャーの試験は合格率が15~20%と低く、難関の資格となっています。

東京都の試験では令和2年度の合格率は23.1%と、優秀な人材が受験する試験の中でも合格する人は一握りであり、試験の難しさを表しています。

筆記試験ではマークシートによる選択形式となっており、およそ6~7割の正答率が合格ボーダーとなっているようです。

主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)

主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)はケアマネジャーより更に上位に位置づけられる資格です。

ケアマネジャーとして数年の業務経験があり、ケアマネジャーの人材を指導・育成をする役目を持ちます。

優秀な人材揃いのケアマネジャーを統括する仕事ですから、相当な業務経験や業務スキルが求められる資格です。

介護現場の中には主任ケアマネジャーの配置を義務付けられる現場もあり、主任ケアマネジャーを有していることで業務の領域をさらに広げることができます。

ケアマネジャーになるには?

ケアマネジャーとは

責任感があり、やりがいのあるケアマネジャーの仕事ですがケアマネジャーになるにはどうすればいいでしょうか?

ケアマネジャーになるには一朝一夕の経験とはいかず、何年もの実務経験や資格取得が必要です。

一定の実務スキルを持った優秀な人材のみがケアマネジャーになれるため、ケアマネジャになるには大変な努力が必要です。

資格を取得する

前述したようにケアマネジャーになるには資格が必要です。

資格を取得するには資格スクールなどの利用がおすすめ。

通学講座はもちろん、通信講座などで効率的に資格試験に必要な知識を身につけることができます。

シカトル

シカトル

シカトルで自分に合った資格サイトを探す

「シカトル」は介護業界に特化した資格サービス!

数多くの資格スクールから自分に合ったスクールを選ぶのは大変ですが、シカトルでスクールを比較することで自分に合ったスクールを効率よく選ぶことができます。

自分に合った資格スクールを選ぶことで効率的に資格勉強を進めていきましょう。

介護実務を経験する

ケアマネジャーになるには一定の介護実務の経験が必要です。

実務経験を経た人がケアマネジャーの受験資格を得ることができます。

将来的にケアマネジャーの資格を取得しようと考えている方も、まずは5年の実務経験期間を目指して介護実務に励む必要があります。

転職する

資格や経験があるという方はケアマネジャーの募集をしている会社に応募してみましょう。

ケアマネジャーになれる人は一握りで限られていますが、ケアマネジャーの募集をしている会社に応募すればケアマネジャーへの道のりが近づきます。

転職をすることで色々な介護現場を経験することができるため、スキルアップにも繋がるでしょう。

ケアマネジャーのやりがい

ケアマネジャーとは

ケアマネジャーは大変な仕事ですが、その分やりがいのある仕事です。

人から感謝される仕事であり、キャリアアップに繋がる仕事でもあります。

仕事を通じて自分の成長を実感できるでしょう。

キャリアアップに繋がる

ケアマネジャーは介護に関する業務だけでなく、マネジメントに関することを経験できるため様々な業務を経験できます。

そのため、多くのことについて知ることができるためキャリアップに繋がりやすい仕事です。

また、ケアマネジャーにしかできない業務も多くあるため、ケアマネジャーになることで業務の幅を広げることができるでしょう。

人のためになる実感を持てる

介護サービスは人のためになる実感を持ちやすい仕事です。

日常生活の補助が必要で困っている方の助けになる仕事であるため、利用者によりそう仕事でもあります。

また、ケアマネジャーでは同業者や利用者を含めて多くの人とコミュニケーションを密にとらなければ務まらない仕事です。

他人と協力しながら進めることで、自分が社会の役に立っていることを実感することができるでしょう。

ケアマネジャーの転職

ケアマネジャーは専門的な知識やスキルが必要であり、どの職場でも重宝される人材です。

ケアマネジャーの転職は介護専門の転職サービスを利用することをおすすめします。

介護業界はどの企業も人手が足りておらず、資格を持っている優秀な人材はどの現場でも重宝されています。

転職をすることで新たな業務を経験できるチャンスも増えるので、転職によってスキルアップを目指しましょう。

きらケア

きらケア きらケアで介護求人を探す

「きらケア」は介護業界専門の転職サービス。

「未経験OK」や「無資格OK」など様々な条件の求人を選ぶことができます。

ケアマネジャーのような高スキルの方には「月給33万円以上」など魅力的な条件の求人も多数。

専任のアドバイザーが転職に関するあらゆることをサポートしてくれるため、安心して転職活動を進めることができるでしょう。

キャリアアップをしたい方、労働環境を変えたい方におすすめのサービスです。

マイナビ介護

マイナビ介護

マイナビ介護で介護求人を探す

「マイナビ介護」は人材業界大手のマイナビが運営する介護専門の転職サービス。

大手ならではの充実な求人数から転職先を選ぶことができます。

入社前・入社後の条件交渉を行ってくれるため、転職活動に関する不安を解決してくれる存在です。

ケアマネジャーで介護現場に貢献!

ケアマネジャーとは

ケアマネジャーの仕事内容などを見ていきました。

ケアマネジャーは介護現場において重大な役割を持つ仕事であり、専門知識を必要とすることから高いレベルの業務スキルを要求される仕事です。

その分、給料など社会的な評価も高い仕事でやりがいのある仕事でもあります。

ケアマネジャーの資格を持っていれば転職市場などでも高く評価される人材であり、どの企業に行っても幅広い活躍を期待できます。

ケアマネジャーがキャリアップするには転職サービスを活用しましょう!

資格はあなたのキャリアを更に高めてくれるものです。

難関の資格ですが、挑戦する価値のあるものでしょう!

-介護サービスの種類, 引っ越し用
-, ,

© 2021 介護Workers